雷が鳴るまで放さない?
ホーム > 雷が鳴るまで放さない?

雷が鳴るまで放さない?

2019年01月26日(土)12:00 AM



スッポンは、雷が鳴るまで噛み付いたまま放さないとよく言われていますが、実際に本当でしょうか?まあそんなことは迷信に過ぎないのですが、アルビノシナスッポンが成長して甲長10センチを超え出してきましたので、お約束の計測をしたところ、噛み付くは、噛み付くは、でした。さほど痛くはないのですが、ペンチに挟まれたかのようですので甲長20センチを超えるとむやみやたらには触らないほうが無難です。やはり臆病なのでしょうね。アルビノシナスッポンは、弱くて水質の悪化により、ポツポツと★になってしまい、現在7匹になりました。♂が少なくて2匹、♀が多くて5匹です。♀のほうが早く大きくなる傾向があるみたいです。



コメントを投稿

*


メニュー


トピックス


コンセプト


用語解説&色彩変異シート


ギャラリー


ブリーディング

亀紹介ページ

掲示板


新着情報・ブログ

過去の記事を読む


Albino Pastel Red Ears
モバイルサイト