『触らぬ亀卵に祟りなし』
ホーム > 『触らぬ亀卵に祟りなし』

『触らぬ亀卵に祟りなし』

2013年05月04日(土)8:20 午後

RIMG0511

しまった。やらかしてしまいました。(泣)
温度を1℃上げてみたら、最後に膨らんだ3個のうち一番小さい卵が破裂してしまっていました。
触っていて割れたのではなくて、死篭って破裂のパターンっぽいのですが、頭と5ミリぐらいの体ができていたので残念です。
ちなみに、黒眼の白でした。
この大きさでの白は何とも言えないですが、「ウルトラスーパーハイポ」をちょっと期待できそうな予感です。
親のインボイスネームは当たりかハズレか・・・。
画像は残りの2つですが、また膨らんできましたのでもう触るのは止めておきます。
他の卵はまだ分かりませんが、まさに大曇天返しみたいですので一旦仕切り直しということで・・・♀親を相当肥やしましたので「交尾やり直し」をさせるということで・・・

※この記事をご覧いただけましたらHPトップページのバナーで応援クリック
ご協力よろしくお願いします!

 

 



コメントを投稿

*


メニュー


トピックス


コンセプト


用語解説&色彩変異シート


ギャラリー


ブリーディング

亀紹介ページ

掲示板


新着情報・ブログ

過去の記事を読む


Albino Pastel Red Ears
モバイルサイト